原発の警戒区域での空き巣が前年比998%の増加

原発の警戒区域での空き巣が前年比998%の増加になったわけ

東日本大震災の被災地での犯罪情勢

被災3県として、岩手、宮城、福島に着目し、全国の犯罪情勢とは別に統計が収録されています。刑法犯の認知件数を見ると、全国統計と同様にどの県も減少しています。しかし、減少率は全国統計とは異なるようです。

 

 3〜12月の全国の刑法犯の減少率が6.6%であったのに対し、岩手県が15.4%、宮城県が17.7%、福島県が20.0%それぞれ減少していて、全国に比べても犯罪減少率は大きかったことがわかります。一方で、福島県の侵入盗だけは増加しています。福島第一原発周辺の警戒区域では、住民の避難が続き、住宅の空き巣、スーパーやコンビニの出店荒しの増加が目立ちます。
 空き巣については、岩手県が1.1%の減少、宮城県が11.0%の減少、福島県が84.4%の増加となっています。また、出店荒しについては、岩手県が23.3%の減少、宮城県が3.8%の減少、福島県が19.2%の増加となっています。さらに、警戒区域を管轄する3つの警察署管内での犯罪発生状況は、空き巣が998%の増加、出店荒しが545%の増加と、特に被害が多くなりました。

 

このニュースはSECOMフラッシュニュースから引用しています。

 

犯罪者をその気にさせないために

「犯罪動機を持つ犯行者の存在」をなくすことは困難です。それ以外の2つの条件を排除することで、被害を減らすことができます。誰がいても構わずに犯行に及ぶような凶悪な犯罪などは当てはまらない場合もありますが、ひったくりや車上ねらい、万引き、空き巣など、ほとんどの犯罪に当てはまります。
 皆さんの防犯対策でも、十分に活用していただけるはずです。窓から見えるところにお金や貴金属を置いておかないとか、夜道では後ろから近づくバイクにすぐに気がつくように、携帯画面に気を取られすぎないとか、車を止めるときはバッグなどを助手席に置いたままにしないなど、犯人をその気にさせない工夫が大切です。

 

原発の警戒区域での空き巣が前年比998%の増加関連ページ

CPマーク対応窓ガラス
日経新聞プレリリースの記事
DoS攻撃監視サービス
ScanNetSecurityから引用
ブラウザーが防犯カメラに
Ascii。jpから引用
「みまもりケータイ」 サービ
ストラップを引くと、大音量のブザーが鳴る「みまもりケータイ」、サービスに拍車がかかる。ソフトバンクモバイルから中国ZTE「みまもりケータイ2 101Z」が実用レベルに。
地域防災防犯展に出展
セコムグループが地域防災防犯展で最先端の防犯・防災システム、サービスを紹介しました。
セキュリティ・防災
セコムは7月10日から7月12日にかけて、創立50周年記念イベントとして「ALL SECOM 『セコムフェア2012』」を東京・グランドプリンスホテル新高輪で開催