セコムフェアでセキュリティ・防災・BCP/情報など7分野の技術を紹介

ALL SECOM 『セコムフェア2012

セコムは7月10日から7月12日にかけて、創立50周年記念イベントとして「ALL SECOM 『セコムフェア2012』」を東京・グランドプリンスホテル新高輪で開催する。イベントでは、日本初の警備保障会社として発足以来培ってきたノウハウや技術を一堂に公開される。

 

初日の10日に開催されたオープニングセレモニーでは、代表取締役社長の前田修司氏が、「セキュリティビジネス」という定義を超えた「社会システム産業」の確立をビジョンとして標榜した。このビジョンと「安全・安心」という理念に沿い、同イベントではトータルソリューションを提案する「Future Zone」と事業別の「Presentation Zone」にてシステムやサービスが展示された。

顔認識・行動追跡技術で異常時を瞬時に発見

この記事はマイナビニュースから引用しています。

シミュレーションでは、事前に登録した顔と実際に入室する顔を照合したうえでドアのロックを解除する様子や、横に倒れた際、カメラがその人物の様態変化ととらえコントロールセンターに緊急性を伝える様子などが紹介された。こうした技術は、データセンターなどにおける外部からの進入防止や社員の安全を確保する緊急初動対応などに応用できるという。

セコムフェアでセキュリティ・防災・BCP/情報など7分野の技術を紹介関連ページ

CPマーク対応窓ガラス
日経新聞プレリリースの記事
DoS攻撃監視サービス
ScanNetSecurityから引用
ブラウザーが防犯カメラに
Ascii。jpから引用
原発の警戒区域で空き巣急増
SECOMのフラッシュバックニュース
「みまもりケータイ」 サービ
ストラップを引くと、大音量のブザーが鳴る「みまもりケータイ」、サービスに拍車がかかる。ソフトバンクモバイルから中国ZTE「みまもりケータイ2 101Z」が実用レベルに。
地域防災防犯展に出展
セコムグループが地域防災防犯展で最先端の防犯・防災システム、サービスを紹介しました。