防犯

自分で出来る家を守る防犯対策

家を守る防犯は自分でも出来る

家を守る防犯はセコムALSOKなどの業者にサービスを依頼するほかに自分でも対策ができることがあります。

 

金額だけみると、セコムに比べてアルソックのほうが安いですが、セキュリティの内容も考えると、金額よりもサービスの内容で考えたほうがよさそうです。迷うなら、ホームセキュリティ各社を徹底比較!というのもありますから、こちらの頁で比較してみるのも良いですね。

 

不法侵入者を寄せ付けない

近所と仲良くする

泥棒などの侵入者は人目を嫌います。近所の人に見かけない顔だとジロジロ見られるのを嫌うのです。

 

玄関に鍵が一つというのは危険すぎます。侵入者が鍵を開けるのが一つより二つに方が時間がかかり嫌なのです。

 

犬を飼う

全ての犬がそうではありませんが、通常、犬は知らない人には吠えます。音(吠え声)を嫌うのです。それは誰かが近づいてきても、聞こえなくなります。侵入者は耳にも気を使うので、犬の吠え声がうるさいと気が散るだけでなく、自分の身が危険になるのです。

 

警備システムがついている

よく塀の上などに警備システムとして、赤外線を通している家があります。それが、見えないところに機器があっては侵入者もみえませんが、見えるところにあれば、抑止効果があります。

 

侵入者が2階の窓から侵入してくるのは絶対ではありませんが、あまりありません。それは2階に登っているのが外から見えるからです。1階の窓に面格子をつけている家をよくみかけますが、窓から入ることを考えると、面格子があることによって、まず、その面格子をはずさないと窓の鍵を壊せないのです。よって浸入するのに時間がかかります。

 

侵入者にとって防犯カメラは嫌なものです。最近では、侵入抑止効果のために、形だけで、つまり録画ができない、ただのカメラの形をしたものが売っています。それをつけるだけで抑止効果があるのです。侵入者は本物か偽物か確かめている時間がないですから。でも録画できるほうが、何かがあった場合には確認できるのでいいように思います。

 

窓からの侵入を考えると防犯ガラスは手間がかかります。鍵を一つ壊せば浸入できるわけではないからです。

 

スポンサーリンク